KDVは従来の固形燃料化とは異なり、液体燃料を製造することから、理想の処理技術と思われ、現在の日本の状況を考えると、一刻も早い導入が望まれます。
 まずはKDVの国内実証プラントを実現とともに、当社の目指すエネルギーサイクルを周知させ、リサイクル社会を構築することを目指します。現在のところ大手企業数社と実行を目指した研究会を実施しております。



>このページの上へ
Copyright (C) 2011 Japan New Energy Development All Rights Reserved.